施術者紹介

  • 大野  正晶  (オオノ  マサアキ)
    • 院長プロフィール
    • 大野 正晶 (オオノ マサアキ)
    • 行岡整復専門学校卒業(柔道整復師)
      F.O.S.Gメンバー
      (フルクラム オステオパシー スタディ グループ)

自己紹介

はじめまして。院長の大野です。
柔道整復師専門学校を卒業(国家資格取得)、整骨院と整形外科で合計10年間勤務した後、ここ大阪市福島にて開業をしました。
私は九州の佐賀県出身、現在一児の父です(開業時現在)。小学校低学年から兄の影響でバスケットボールを始め、小学~高校までチームメイトは勿論、監督、その他多くの方の援助のお陰で各全国大会、県選抜、国体など多くの舞台を経験することができました。

この仕事を志すきっかけ

スポーツに怪我は付き物で私の場合、特に高校時代は長期の休養を余儀なくされた不調も経験しました。チームメイトが一生懸命練習をする横で一人自主リハビリメニューをするのは辛いものでした。その時幸運にも身体に詳しい体育の先生や帯同トレーナー、マネージャーの支えのお陰で予定よりも早期復帰ができ、その後もメンテナンスを受けながらバスケットボールを続けられました。その時の感謝の気持ちがいつしか「自分も人のために仕事がしたい」という想いになり現在の仕事に至ります。

オステオパシーとの出会い

知人の先生の薦めで大阪の専門学校に入学し、在学中から色々な徒手療法を体験、勉強をしていく中、オステオパシーと出会いました。卒業後セミナーに通い出したのですが、当時交通事故に遭い自身が辛い後遺症で悩まされていました。そんな中セミナー中にも関わらず講師の方が治療をしてくださいました。その時の身体の変化による感動は今でも忘れられません。半年程辛かった首や全身的な症状が直後に軽くなり、事故以前の体調を取り戻すかのような爽快感を感じたのです。そのような実体験からオステオパシーに魅了され勉強を続けるようになりました。

保険治療ではない理由

私は柔道整復師ですので申請を行えば健康保険を扱う診療ができます。専門学校入学当初は整骨院を開業するのが目標でした。しかし、保険診療という枠の中ではどうしても施術時間が制限され効果が発揮、維持されない事が多く、より質の高い施術を提供したいという想いから自費診療、完全予約制にて開業しました。

当院の薦め

オステオパシーは医学、哲学です。アメリカでは医師同等の免許が与えられ投薬や外科手術も許されています。ヨーロッパでは医療国家資格です。このようにオステオパシーは哲学、理論をはじめ解剖学・生理学等に基づいた治療法です。
私は実体験を通して、より多くの方にオステオパシーの素晴らしさを体験していただきたいと切に願っています。適応症は多岐に渡るので、是非一度ご相談ください。

施術者の想い

オステオパシーの創始者A.Tスティルはまだオステオパシーの理論を確立する前、当時の医学を学び検討した後、自然科学を集中的に学んだといいます。それがオステオパシーの人間の身体の構造と機能の相互依存性を明確に理解する基礎になったそうです。
私は自然に敬意を表しそれに解剖学、生理学、病理学などが裏打ちされたオステオパシーの理論こそ、理にかなった学問であると感じています。
個人的に自然とのふれあいが好きでアウトドア(キャンプ、山、川遊び等)や幼少期に父から教わった釣りが趣味の一つです。自然に身を置くと心地よさを感じ心身を癒してくれます。オステオパシーを学ぶことでより自然、宇宙と人体の関連や共存性などをより深めることができていると感じ、人体(健康)の探求に尽力することは、仕事でありながら人生として非常に有意義なことであると思っています。
今でこそ実施回数は少ないですが20年以上続いているバスケットボールを通して出会った方々、オステオパシーを共に学ぶ仲間、そして家族、その他多くの方から頂くご教示のお陰で大好きな仕事ができることは本当に有難いことです。
その感謝の念と共に、これからもオステオパシーに精通し実践していく中で多くの方と喜びを共有していくことを願っています。

“すべての器官は協調して働いている。それらは完璧に機能し、健康をもたらすように作られている。それは人が、十分な栄養、適切な量の休息と日々の楽しみを得ることによって、正しく機能するのである”

~Andrew Taylor Still~

当院の方針

    • ひとりひとりに合った治療をご提供
    • 個人の潜在的な力を発揮できる身体を取り戻す
    • 今できないことを、将来できるように
  • イメージ画像

ひとりひとりに合った治療をご提供

多くの方は、同じような症状があったとしても原因は異なることがほとんどです。
根本的な原因を追求できなければ、何度も同じ症状に悩まされる事になります。それが放置されると次第に慢性化して、他の部位に影響を及ぼす事もあり、なかなか抜け出せない状況になってしまいます。
当院ではひとりひとりの患者様の身体を隈なく観察して症状の原因を見つけ出し、適切な治療を施すことを心がけています。

患者様の物理的外傷(骨折、打撲、交通事故など)や心理的外傷、精神的ストレス、生活環境での摂食の問題など、様々な側面から原因を追究していくことで、その方に適切な治療を施し、生活の中で意識していただきたい事や、健康な身体に必要なアドバイスをさせていただきます。当然のことながら、人によって症状の重篤度や改善の経過は異なります。

個人の潜在的な力を発揮できる身体を取り戻す

オステオパシーでは、人間は自然治癒力という自己の力で治ろうとする能力を重視します。そのため、自然治癒力の妨げとなっている問題を取り除く事により、自己の持つ潜在的な力を発揮できるようアプローチしていきます。人間本来の持つ生理的な動きが取り戻された時に自然治癒力が発揮され健康へと近づいていきます。

習慣化された構造の固着は簡単には取り除けないこともあり、複数回の治療や別方向からのアプローチなど、身体の反応に合わせてあらゆる可能性を探りながら治療にあたることもあります。当院では、患者様の症状と関連のある「悪い部分」だけではなく、その方の「良い部分」それぞれに焦点を当てて治療を進めていきます。「良い部分」も「悪い部分」もその方の全体の一部に過ぎず、より「良い部分」を尊重することで身体の治療反応は良くなると考えています。

今できないことを、将来できるように

当院では患者様の将来性を大切に想い、その方の人生の活路を開くお手伝いができればと思っております。

屋号の「TIDE」とは「潮流」を意味しています。自然の潮流は海の中で常に形を変え、一つとして同じ流れはありません。時に荒々しくもありますが、生命の起源とも言われる海は癒しでもあり、営みの場でもあります。身体の内部の流れは治療のプロセスにおける重要な役割を担っています。また、身体の外部の流れとして仕事・趣味・人との繋がりなどの物質的な流れ。過去・現在・未来などの時空の流れ、それらの全てが合わさることで生じる「循環≒潮流」を連想して「TIDE」と名づけました。何をするにしてもポジティブな将来を想像するとワクワクするような気持ちになりますよね。建設的に成し遂げた時の達成感は何とも言えない快感があります。そういったポジティブな気持ちを持つという事は治癒力を高める要素の一つであると考えています。

私の仕事は、無理な力によって妨げられている部位を調整し、流れを再開することで、「活力のある身体、やりたいことをやる幸せ」を創造(想像)できるようにお手伝いをさせていただくことだと思っています。

オステオパシーの科学・哲学を通して、患者様の活路を開くきっかけとなれるようこれからも鍛錬を続け、技術、知識、経験を惜しむことなく提供させていただきたいと思っています。オステオパシーがより多くの方に知れ渡り、症状改善の新たな選択肢として認知されることを願っています。