タグ別アーカイブ: 腰痛

皆様からの声『心と体のバランスがとれ自然に体が動いています』

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%81%be匿名希望 60代女性 お住まい:北区

症状:膝の腫れ、痛み、腰痛、みぞおちの不快感

画像クリックで拡大  

 

1.何が決め手となって当院を継続して選んでいただけましたか?

タイドは雰囲気がよく清潔感があり落ち着きます。大野先生の誠実さ、優しさ、丁寧な対応に癒されます。

私は膝、腰痛、みぞおちの不快感がありました。みぞおちの不快感はすぐに和らぎました。痛みのある膝、腰に触られることなく施術してくださいます。辛い痛みのありました私には安堵な気持ちでした。自分では気がつかない箇所も一緒に正常に導いてくださいますので安心して継続させていただいています。  

 

2.施術を受けてご自身の症状はどう変化、改善しましたか?

膝は熱を持ち水がたまって赤く腫れていましたが今では熱も腫れも痛みもなくなりました。教えて頂きました姿勢(正しい)で過ごすと楽になっていると実感しています。何をしていても心で納得できてなくてもがいていた様に思います。お陰様で心と体のバランスがとれ自然に体が動いています。表情も明るくなった様に思います。姿勢が良くなり背筋が伸びすっきり感があります。気持ちがいいです。

 

  3.体調が回復してよかった事、嬉しかった事は何でしょうか?  

心と体のバランスがとれた事で楽しんで行動している前向きな私を見つけることができました。色々なことに興味が出てきまして考えながら行動しています。辛い痛みで動けない私をもっと辛い思いで見守ってもらった家族、毎日助けてもらった友達、黙って待っていてもらった友達の優しさに甘えさせて頂き改めて恵まれていたことを実感しまして感謝の気持ちでいっぱいです。

自分自身に足りない意識・知識を変えていく大切さを学ばせていただきました。

 

4.同じ症状に悩んでいる方へ、アドバイスやメッセージをお願いします。

施術後には治療してくださった内容・状態を説明して下さるので自分自身の体と向き合うことができます。身体を知ることができます。

痛みはどの部分でも辛いですが痛み止めはその場しのぎだと思います。自分で治せる(自然治癒力)を引き出していただけますので健康が楽しみです。

大野先生は毎月研修会に参加され常に勉強されています。

体験してみないと解らないかもしれませんが目に見えない手品の様なオステオパシー治療の奥深さに感銘を受けています。解らなかった事が理解・納得できることあ一歩進めます。効果が実感できています。今では先生に感謝、信頼させて頂いています。本当に有難うございます。

 

 

皆様からの声『日々の生活から意識が高くなります』

%e9%95%b7%e5%8e%9f%e4%ba%9c%e7%9f%a2%e5%ad%90%e3%81%95%e3%81%be%e3%80%80%e7%b8%ae%e5%b0%8f

お名前:長原亜矢子さま 30代女性 お住まい:奈良県

症状:腰痛

画像クリックで拡大

 

1.何が決め手となって当院を継続して選んでいただけましたか?

道下の症状改善を見て。

 

2.施術を受けてご自身の症状はどう変化、改善しましたか?

初めてなので実感はありませんでしたが、先生がすごい勉強家で、回数を重ねる度に何が悪くてどうなったか説明がとても分かりやすく先生の言うとおりに治っていった。

 

3.体調が回復してよかった事、嬉しかったことは何でしょうか?

自分が持つ治癒力で回復する様施術してくれたこと。

 

4.同じ症状で悩んでいる方へ、アドバイスやメッセージをお願いします。

痛い所はすぐよくなります。でも同じ事にならない様に先生がポイントを伝えてくれるので日々の生活から改善する意識が高くなります。

当院の施術を受けたご感想(腰痛、肩こり、頭痛)

 

〇30代 女性 お住まい:福島区

〇ご来院時の症状:腰痛、肩こり、頭痛

〇お住まい:福島区

画像クリックで拡大

・ご感想

 子供の頃から肩こりがあり、マッサージや整体、鍼など様々な所で治療しましたが長続きせず、出産後は特に腰痛がひどく悩んでいました。

オステオパシーについて全く知りませんでしたが、一回目で腰の痛みが無くなったので、しばらく通ってみようと決めました。体を揉んだりすることが無く、物足りない感じもありましたが、三回目で首の後ろの頭重感が無くなりとても楽になりました。

全身を調整し、少しづつ本来の身体の在り方を取り戻すのがオステオパシー、というのが納得できました

日常生活の中で自分の身体と向き合う時間が取れるのが良いと思います。

先生もソフトな印象で、施術中はとてもリラックスできます。

 

腰痛(下肢症状を伴う腰痛)

こんにちは。

大阪福島のオステオパシー治療院TIDEの大野です。

こちらでは下肢にしびれなどを伴う腰痛について触れていきたいと思います。

しびれがある時皆さんはどういうことを思い浮かべるでしょうか。

多くの方がヘルニアではないかと口にされます。「しびれ=ヘルニア⇒治らない、手術が必要」と思っている方も非常に多いように感じます。

この腰痛にも多くの原因が考えられますし、複数の原因が複雑に関係しているケースも珍しくありません。とくに下肢にまで及ぶ症状がある時は、治療に関して慎重に行う必要があるケースもあるので、患者さん自身が正しい知識を持って行動されることが大切です。

どのような原因が考えられるか考えていきましょう。

 

■当院の考え方

オステオパシーの創始者スティル博士は「オステオパスは症状を扱うのではなく、原因を扱わなければならない。症状は、原因が矯正されれば消失する。」という言葉を残しています。これから推察されることは原因を突き止め、それを治療することができれば症状は自然と消失するということです。

これがオステオパシーの目的です。すなわち全身から骨の変位や神経、血管の圧迫などの原因を取り除き、その結果、人体のシステム全体に調和がもたらされることが症状の改善に繋がるという事になります。

オステオパシーのコンセプトを簡単にご紹介したいと思います。

➀身体は一つのユニットである。

・・・身体は各部位が繋がりを持ち、全体が調和して働いている。すなわち全身を一単位として捉えるべきであるという事です。

➁身体は自己調整、自己治癒、健康維持能力を持っている。

・・・いわゆる我々には自然治癒力と言われる「治る」力が備わっていることを意味します。

③身体の構造と機能は相互関係にある。

・・・構造と機能は作用しあっている存在であり、まずは構造が正しくあることが重要であるという事です。

④オステオパシーは上記の基本的原理に基づいて行うべきである。

下記ではあくまでも読んで下さる方にできるだけ分かりやすい様に病名(症状名)で取り上げ、それについての基礎的な知識を交えてお話させていただきます。

■下肢症状を伴う腰痛とは

下肢症状を伴う腰痛とは一般的に腰部~下肢が痛む、又はしびれを感じるなどの症状が現れることを言います。

主な診断名として・・・

○腰椎椎間板ヘルニア

○脊柱管狭窄症

○坐骨神経痛

○バージャー病

○腰椎分離症(腰椎分離すべり症)

○脳梗塞

などが挙げられると思います。

その他にも腫瘍性、感染性、膠原病、心因性の腰痛など鑑別すべき病気は様々です。

■注意すべき症状

しびれなどの下肢症状も程度が様々で、中には感覚鈍麻、筋力低下、排尿便障害など重度の症状になる場合は外科的な処置が必要になることもあります。脳梗塞や内科的な疾患では下肢だけでなく手にもしびれをきたすこともあります。感染性の疾患などでは発熱を伴うことがあるということも鑑別すべきポイントです。

安静時や姿勢、歩行などで軽減または憎悪する症状に関しては主に脊柱の問題が示唆されます。一度整形外科にてレントゲン撮影などをされることをお勧めします。

■当院で行う下肢症状を伴う腰痛の対処

当院ではこのような腰痛患者さんに対し全身を施術対象とし原因を究明していきます。

過去の外傷に対する処置や脊柱の配列、筋筋膜的アプローチなどの筋骨格系に対する処置、内臓の機能異常、血管系などに対し施術を行い、機能の回復を促します。

現在日本においても約8割の人が腰痛を経験したことがあるという調査があり、その大半が原因不明と言われています。すなわち病院の検査で原因が分からないということです。患者さんから聞く事ですが「休養が必要です」「湿布、薬で様子をみましょう」挙句の果てには「心療内科を紹介します」とまで言われる事があるようです。

医療機関でも分からない状況の場合、より身体の機能異常などを調べていく必要があると思います。当院の患者さんは仕事を休まず、定期的な施術で普通に生活ができる方が多くいらっしゃいます。

■当院の治療方針

まずはオステオパシーの理論・方法に基づき、身体の検査を行います。どこが身体のシステムの不調をきたしているか原因を探していきます。

原因を突き止め、身体のシステム改善に留意しながら治療を行っていきます。

目標の状態まで到達するために必要な回数、日数などを随時アドバイスしながら毎回状態を確認し、治療を行っていきます。

ここで言う「目標」というのは「身体の機能(システム)の改善」です。結果的に患者さん自身の治癒力が症状を解消していくと考えています。

このように治療を進めていくと、個人差がありますが数回の治療により患者さん自身も身体の楽さを感じ始められます。私の経験上、そういう時期からは身体の回復具合も急速に早くなっていく気がします。

必要回数を重ね確実に身体のシステムの向上を目指すことこそ真の症状改善になると思っています。

これまで腰痛に関して3回に分けて書いていきました。

急性腰痛編

慢性腰痛編

簡単な解説ではありましたが、皆さんが正しい認識を持って最適な選択肢を選べるヒントになれば幸いです。

 

当院のホームページはこちら

当院の口コミをこちらでご覧になれます。

当院の施術を受けたご感想(腰痛)

〇30代男性 

〇主訴:腰痛

〇お住まい:京都

 

けんじさん

 

・ご感想

病院に行くほどではないが、ずっと気になっていた腰痛があった為行ってみた。

昔からマッサージ、鍼など色々したが違和感が取れた事がなかったのであまり期待はせずに行ったが、施術後違和感が全くなくなっていたのには驚いた。

今施術から3日経つが、今のところまだ違和感は出ていない。

一度施術してもらってよかったです。

腰痛

こんにちは。

大阪市福島区福島にあるオステオパシー治療院TIDEです。

 

今日は症例報告を書きます。 ↓

 

【40代女性】

主訴:腰痛(発症機序特になし。2.3週間前から長時間座っていると痛みがでる)

 

オステオパシー的検査の結果

・腸間膜~第3腰椎にかかる牽引力

・右仙腸関節の制限

・右足関節~股関節が不活発な状態

 

以上の検査結果を踏まえて治療を行っていきました。

まずは腸間膜と腰椎の緊張を緩めていきます。 やはりこの時点で仙腸関節にも制限が感じられ 仙腸関節~下肢(特に右)へと治療を移行していき 頭から全身の協調性を図るため施して終了。

 

  施術後 患者さん:なんとなくマシなような。

二回目来院時(9日後) 施術後痛みの種類が変わり、動作時に痛みを感じるようになり来院時はほぼ痛み消失。

 

オステオパシー的検査により腸間膜の緊張がほぐれていることを確認。 全身的に他の気になる部位を調節した後施術終了。

 

解説

この方は主に腸間膜という 腸を包んでいる膜~腰椎にかけての緊張が原因であると感じました。

今までに膝痛や足関節痛など外傷のない痛みを経験したこともあるとのことで 下肢まで影響しているのもこれが原因の可能性があります。

この方に限らず腸の緊張により腰痛がある方は非常に多いです。

 

腸間膜というのは腸間膜根を介して直接腰椎と接している部分です。 なので腰痛との関連性は高くなります。 腰痛に限らず、腸の緊張が強い方には特に生活習慣などのアドバイスをしていきます。

 

まとめ

外傷や発生機序の分からない痛みにもこのような原因を探し 治療を施すことで改善が見込める可能性があります。

中には今までの外傷や精神的なストレスなどの出来事が関わっていることもあります。 あと、腰から下肢の連動などで他の症状を招く可能性があるので 全身的な治療が必要になると思われます。

腸は人体最大の免疫器官としてだけでなく構造的にも非常に重要な役割をしています。 腸を労わる生活習慣を身に着けていきたいものですね。

 

今日も訪問いただきありがとうございます。